英会話教材の選び方は、とてもカンタン

英会話教材の選び方に悩む人は少なくありません。なぜならば、「良い」と言われている英会話教材がたくさんあるからです。人気があるからと購入して取り組んでいると、また新しい英会話教材が発売になり、「その英会話教材の方がいいかも…」と、使用している教材が終わっていないのに目移りしてしまうこともあります。私がまさにそうで、次から次へと話題の英会話教材に手を伸ばしては、その割に英会話が上達しないということを繰り返していました。

英語難民という言葉がありますが、私の場合は、英会話教材難民だったかもしれません。評判の英会話教材を購入しただけで英会話ができるようになった気分になるところがありました。しかし、いくら素晴らしい英会話教材であっても、購入しただけで英会話ができるようになるわけがありませんよね。

逆に言うと、どんなにダメな英会話教材であっても、それを身につけさえすれば、それだけ英会話が上達するのです。ですから、購入した英会話教材を、とことんまで使い切ることが重要なのです。人気があったり、英会話教材ランキングのベスト10に入っているような英会話教材であれば、内容に間違いはないはずです。口コミやレビューを見ても信頼に足る中味であることは確認できるでしょう。

ただし、人気や評判、実績がある英会話教材の中には、何十年も前の教材というものもあります。確かに素晴らしい教材ではあるのですが、例文の内容が現代に合っていなかったり、文法の考え方などが今とは変わっているものなどがあります。このような伝統のある英会話教材は、英会話学習が進んだ段階で使うようにした方が無難です。これから英会話の勉強を始めようという人は、できるだけ最新の英会話教材を使った方がよいのです。携帯電話やスマホ、インターネットが生活の中心になっている時代なのですから、これらの単語や言い回しが登場しないような教材では、現代に通用する英会話は身につきませんからね。

「この英会話教材にする!」と決めたものを、とにかく最後までやり尽くして、完全に身につけてしまうことが肝心なのです。学習している途中で、なかなか効果や上達が実感できないと、「この教材は悪いのではないか」「別の教材の方がいいのではないか」などという悪魔のささやきが聞こえてくるようになるものですが、そこはグッと我慢をして、現在使用している英会話教材を信じてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加